家庭用脱毛器や抑毛ローション、脱毛サロンなどによる濃い髭・青ひげ対策

髭が濃くなる原因は男性ホルモン分泌量の増加

髭が濃いと毎日髭を剃らなければならず面倒、カミソリ負けしたという経験がありませんか。髭が濃い人と薄い人がいます。その原因は何でしょうか。

 

髭が濃くなる原因は男性ホルモンだと考えられています。女性でも更年期を迎えて女性ホルモンの分泌量が減った結果、男性ホルモンが優位になり髭が濃くなることがあります。

 

男性ホルモンの分泌量が多くなる原因は、生活習慣や食事が関わっています。ストレスや睡眠不足などはホルモンバランスを崩します。男性でも女性ホルモンが微量に分泌されています。

 

ホルモンバランスが崩れると女性ホルモンが減少し、男性ホルモン優位な状態になって髭が濃くなる可能性があります。ホルモンの材料になったり分泌を促すのは食事からの栄養です。男性ホルモンを過剰に分泌させる食べ物ばかりに偏っていると、ホルモンバランスが乱れて髭が濃くなります。

 

肉類など油っぽい食事は男性ホルモンを刺激します。肉ばかりでなく、タンパク質は魚や大豆製品から摂り、栄養バランスを整えるために野菜も食べましょう。大豆には女性ホルモンのような働きをするイソフラボンが含まれています。イソフラボンの摂取で男性ホルモン優位が解消される可能性があります。

 

ただ、やはりヒゲの濃さに大きく関係しているのはDHTでしょう。DHTとは「ジヒドロテストステロン」の略ですが、男らしさの象徴ともいえる男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことで生成されます。濃いヒゲを薄くする秘密でも触れていますが、このジヒドロテストステロン(5α-DHT)の対策、しいては5αリダクターゼの抑制こそが、濃いヒゲの対策になりるのです。